カテゴリ:居場所( 9 )

 

うれしい!

開店から3週間、おかげで沢山の方にご来店いただきました。食事をつくっているスタッフにとって、食事をしてくださった方のおいしかったの一言が、勇気のもと。きれいに食べていただいたからっぽのお皿が、次への励まし。先日ご来店くださったすてきなお客様姉妹がご自身のブログにゆうゆう舎を紹介してくださいました。http://aocafe2009.exblog.jp/
すてきに写してもらったゆうゆう舎。こんな輪がひろがって行く事がほんとにうれしい!
今度の木曜日はカレーの日。おまちしてま〜す。限定20食 ご予約090-8990-9272です。
e0202866_7422988.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2012-07-22 07:44 | 居場所  

小さな博物館

昨日は、保健所の方がゆうゆう舎の開店のための検査にきてくださいました。もちろん、OK.
準備は整いました。元々の薬局を活かした厨房や居場所づくりをしてきましたが、開店にあたり、薬局に残されて来ためずらしい道具達の居場所もつくりました。
e0202866_8483252.jpg
e0202866_8475220.jpg
e0202866_8473788.jpg
e0202866_847877.jpg

この、写真はレトロ処理をしたのではなく、あるがままの道具達です。長い年月を行きて来た道具の持つ美しさはゆうゆう舎の一角にしっかりと存在しています。この道具を使って長年薬局として、地域の人たちの相談に乗って来たこの旧家も、きっと喜んでくれているのではと、ちょっと感無量です。
[PR]

by yuuyuunokai | 2012-06-19 08:56 | 居場所  

講演会無事終了しました

ゆうゆう舎ができあがっての初めての講演会、市場恵子さんを迎えて楽しい時間を過ごすことができました。歌、ワークショップ、詩の朗読と盛りだくさんで、2時間があっという間。参加して下さった30名くらいの方、ちょっと狭かったけれど、和気あいあいと過ごしていただけたと思います。ありがとうございました。
e0202866_11454334.jpg
e0202866_11451777.jpg
e0202866_11445246.jpg

すてきな看板は友結の会の母体東備子どもセンターの代表理事金本明子さんの心をこめてかいてくれたものです。
[PR]

by yuuyuunokai | 2010-12-01 11:50 | 居場所  

備前市エコハウスでワークショップ

先週に引き続いて、岡山県建築士会東備支部の方達のワークショップ。昨年度の環境省の補助金で今春竣工した備前市のエコハウス。ココで、ワークショップとして、『ゆうゆう舎』のテーブルとベンチづくりが。参加者はエコハウスの大平さんはじめ、有志の方。図面を描くのは慣れている建築士ですが、木取りは結構大変。時には『おっと!』ということもありながらも、見事完成。もうすぐ、お披露目の
『ゆうゆう舎』に運び込んでくださいました。建築士会の皆さん、参加して下さった皆さん、ほんとうにありがとうございました。
e0202866_947251.jpg
e0202866_9464170.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2010-11-22 09:48 | 居場所  

ワークショップありがとう

昨日は、『ゆうゆう舎』のシャッター塗り替えワークショップ。地元備前緑陽高校の生徒さんはじめ、たくさんの方に集まっていただきました。リーダーはこのブログの絵『このゆびと〜まれ』を描いてくれたインテリアコーディネーターの久延さん。文字の型紙を用意して、皆のイメージを盛り上げてくれました。みんな、自分が塗る色をそれぞれ選んだり、作ったり、わいわい楽しそう。
e0202866_992473.jpg
e0202866_981275.jpg
e0202866_974190.jpg

中では、岡山県建築士会東備支部の人達の指導のもと、ベンチづくりワークショップ。素敵な絵とすてきなベンチができあがりました。皆さん、ありがとう。これからもよろしく。
e0202866_913761.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2010-11-15 09:14 | 居場所  

手洗い

再生工事もいよいよ終盤。手洗いがつきました。施工してくれているのは、地元の松本木材さん。肥えた立派な松板が登場。手洗器は2000円ちょっとで手に入るものですが、こうして板にとりつけると、ちょっとおしゃれにみえませんか?
e0202866_8131389.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2010-11-12 08:13 | 居場所  

床が変わります

世の中がバブルと言われた頃、石油化学製品こそが新しいと思われていた時代。江戸からの旧家の土間も塩化ビニールシートと言われる石油からできたシートで覆われました。今回、この床が、杉板に張りかえられることになりました。ビニールシートをはがして、断熱材を入れて、厚さ30mmの杉板が貼られます。きっと、暖かさが違うはず。床の水平を出すために、今では珍しい水盛り(大工さんの足下の缶に水が入っています。水は必ず水平ですから)今は普通、レーザーで水平を出しますが、この建物には水盛りが似合います。
e0202866_2218134.jpg

時を経た建物、時代とともに生きて、時代を反映して、使われる材料も道具も変わっていきます。
[PR]

by yuuyuunokai | 2010-10-30 22:27 | 居場所  

再生工事始まりました

江戸時代からの古い薬局を再生しての居場所づくり始まりました。まずは、何度かの改築で隠された建物本来の構造を現すところからはじめます。合板の天井(丁寧に格天井になっていました。でも低い)を剥がすと立派な梁と、今ではちょっと手に入らない踏天井の幅広の板があらわれました。覆われる事で湿気でカビがはえていましたが、拭くと美しく光っています。昔の碍子の配線もでてきました。本来の姿をできるだけ残しながら、再生していきたいと思っています。
e0202866_8354837.jpg

e0202866_8331141.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2010-10-27 08:36 | 居場所  

測量しました

仲間が気兼ねなく集まれるように、まずは一部に便所を新設するのが、第一期工事。その後、資金が集まったら、また少しづつ進める予定の居場所の改装工事。その元となる測量をしました。家全体の構造をきちんと把握しておくと、補強や改装がし易くなります。どこの柱が抜けてどこは補強が必要がなどは、1階と2階の構造が必要です。というわけで、一日かけて家の全体を測量しました。レトロな雰囲気の薬局。どんな風にいかせるか、楽しみです。
e0202866_16315012.jpg

[PR]

by yuuyuunokai | 2010-10-05 16:32 | 居場所